上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、県庁で「広島県肝疾患患者フォローアップシステム」の説明会があり、
参加してきました。
4月から運用開始とのこと。
広島県または広島県内市町が実施した肝炎ウイルス検査で発見されたキャリアを適切な肝炎医療に繋げることを目的とするシステムです。
対象は肝炎ウイルス検診受診者のみ。
でも、実際には、病院でたまたま肝炎ウイルス陽性を指摘されたけどそのまま、あるいは通院治療中であったけど無症状だから通院中断!という方がいらっしゃるんですよね。
そのような方たちもフォローアップできるシステムに育つことを願っています。
肝炎の治療や考え方は進歩しているので、通院をやめてしまった方々のことが心配です。
B型肝炎、C型肝炎は、落ち着いている方も、治療後落ち着いた方も、治った方も
血液検査やエコーの定期検査が必要ですよ。
病院から遠ざかってしまったなら、もう一度専門医を受診しましょう!

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。