FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験談

先日、思いがけず、とても嬉しいことがありました。
約5年前にC型肝硬変で肝移植を受けられた患者さんが、「C型肝炎治りました」と
報告に来てくださったのです。
広大病院に移植をお願いした時には、黄疸と腹水があったのに
顔色もよく、元気になられ夢のようでした。
ご本人の病気に対する前向きな姿勢、
広大病院の多くのスタッフの方々のおかげで、
感謝の念で一杯です。
移植後元気になられた後に私の事を思い出して訪ねて来て下さり、
移植前の頃の思い出話をしたり、私も元気をいただきました。
闘病体験談をお願いし、快く文章にして下さいました。
以下に紹介いたします。



《50歳代 男性》
私はC型肝炎を18年前位に発症し、通院しておりましたが、15年半前初めて入院を致しました。
その後、強ミノファーゲン点滴を通院で行いながらも入退院を繰り返しておりました。
しかし5年前肝不全のため移植しかないと言われ平成20年9月に息子から肝臓を分けてもらい肝移植をしました。
さらに手術の2ヵ月後悪性リンパ腫になり化学療法を通院で行い4ヵ月で終えて、
貧血の原因が脾臓に流れる静脈ということで平成21年7月に脾臓を摘出しました。
その後、1回目のインターフェロン治療を行いましたが6ヵ月で陰性になったのですが
2ヵ月で再燃しましたので薬を変えて1年行い陰性。
インターフェロン治療終了後6ヵ月も経ち、完治と医師より伝えられました。
移植も拒否反応もなく胆管も細いですが流れもよく順調に4年4ヵ月が経ちました。
免疫抑制剤も少量になりました。
今は食事も好き嫌いもなくなり美味しく食べるものですから太り気味になりそれを気を付けることが
現在のテーマです。
糖尿も肝臓が悪くなってからなりましたがインシュリンはやめられないですが徐々に良くなっております。
また低血糖時に起こる発作も肝臓がよくなると起こらなくなりました。
同じような病状の方に言いたいのは、あきらめずに治すことを目的に望みを持って頑張れば治ると思いますので
一緒に頑張りましょう。




そうです。皆さん、一緒に頑張りましょう!
肝臓病教室で一緒に勉強しましょう!


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。