FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。
本日から3月、春ですが、今朝はまだまだ寒かったですね。

2月2日に、肝臓栄養講演会がありまして、
久留米大学の川口 巧先生の講演を拝聴いたしました。
アミノレバンENを60℃に加温すると、常温に比べて摂取量が増えたとのこと。 AminolebanENPowdermix-B.png

さらに、リンパ球数も増加したそうです。
さらに、80℃でもBCAAは安定というデータも示されました。

これまで冷やしたほうが飲みやすいと思い込んでいましたので驚きでした。
さっそく私たちも先日アミノレバンENの試飲会を開催しました。
これまでの冷した飲み方、60℃で飲み比べました。
しかし、我々メンバー内では、
 「従来派」 vs 「60℃派」⇒8:2で 「60℃派」は少数でした。

リンパ球数が上昇するという点に着目すると、患者さんには60度加温を勧めたいのですが・・・
ちなみに、昨日来院された患者さん、
入院中は冷してもらっていたけど、退院後は面倒で常温で溶解してそのまま飲んでいるとのこと。
どちらが飲みやすいかと質問すると、常温より冷したほうがよいと言われました。
味覚は、やはり、人それぞれなのでしょうかね。一度は、60℃に加温して飲んでみてと伝えました。

アミノレバンEN内服されている方、一度は60℃加温を試してみてください。
ポットの温度設定を60℃にしておけばよいので手間いらずと思います。

ORY_B_096.jpg


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。