上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日14日、リーバクト発売15周年記念講演会に行ってまいりました。
「リーバクト」は、もともと肝硬変の低アルブミン血症の改善のために
開発、処方されていましたが、この15年の間に
①肝硬変の合併症の発症抑制
②肝発がんの抑制
③インスリン抵抗性改善
④鉄代謝改善
の作用もあることがわかってきたという内容でした。

なんとグッドタイミングで、今月23日の肝臓病教室は、肝硬変と肝臓病の治療薬のお話です。
詳細はその時に報告させていただきます。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。