上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常第3月曜日は心臓病教室なのですが、今月は第4月曜日が休日のため、変則的。
心臓病教室と思って来院された方が数名おられました。
申し訳なかったですね。
でも帰られずに肝臓病教室に参加していただきありがとうございます。
普段聞いたことのない用語が飛び交い戸惑われたことでしょう。
でも、日本の国民病といわれる「C型肝炎」のことを少しでも理解して帰っていただけたでしょうか。
実際、参加者の方、「自分がC型肝炎かどうかわからない、もしかしたら感染しているのかも」と言われていました。
おそらく入院したことがあって、主治医からそのようなことを言われたことがなければ
感染していないと思いますけどね。きちんと聞いておきましょう。
教室の最後にも申し上げましたが、特に糖尿病や肥満のある方は年1回くらいは腹部エコーを受けることを
お勧めします。心臓のみでなくお腹のほうもたまには調べてもらいましょうね。

そして、肝炎患者の参加者の方
3剤治療の効果は高いです。可能であれば、考えてみましょう。
難しければ、新しい治療が可能となるまで、少量のインターフェロンやほかの治療で
とにかく、ALT(GPT)とAFPを低値に保つこと!
一緒にやっていきましょう。


スポンサーサイト

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。